ロニタブの特徴と副作用について調べました

lonitab

ロニタブは飲むタイプの育毛剤です。効果のもととなる成分ミノキシジルが体内に吸収され作用します。

そのため有効成分ミノキシジルが効率よく作用し、更に末梢血管まで成分が行き渡る事で毛細血管までまんべんなく拡張します。

毛細血管が広がると、発毛や育毛を促す毛乳頭に十分な酸素と栄養を届ける事が出来るので細胞が活性化し毛根に作用する事で発毛効果が得られます。

従来のミノキシジル外用溶液であるロゲインと比べても効果よく効果が現れます。

本来ミノキシジルは高血圧の治療薬として処方されていましたが、ミノキシジルを服用した副作用で体毛が成長したり脱毛症を回復させる効果が発見された為、米国の製薬会社があらためて研究開発し、1980年代から正式に米国で販売されました。

現在では世界100ヶ国以上で承認されています。

尚、成分にアレルギーのある方や女性は服用しないで下さい。

この薬は壮年性(男性型)脱毛症(AGA)の治療薬ですので、円形脱毛症や異常脱毛症などには効果はありません。

高血圧や低血圧の方はまずは医師へ相談して下さい。

主な副作用は、血圧低下、動悸、浮腫、白血球減少症、血小板減少症、吐き気や嘔吐、目眩や頭痛や腹痛、発疹などあります。

体調に異常を感じたら服用を中止し医師へ相談して下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ